配偶者貸付なら専業主婦でも利用可能?

総量規制の例外貸付けには、配偶者貸付も含まれています。総量規制では原則として年収の3分の1までしか個人の借入れ総額は認められていませんが、そうなりますと自身に収入のない専業主婦や主夫はお金を全く借りることができなくなってしまいます。そうした方たちのため定められているのが配偶者貸付です。
この配偶者貸付では配偶者と併せた年収の3分の1以上の貸付けが認められています。例えば、妻が専業主婦であっても夫の年収が300万円であれば、3分の1の100万円までは貸付けが可能、とするものです。これは何も妻が専業主婦でなくパートなど働いていたとしても、配偶者と併せた年収で計算されるため、例えば夫の年収が250万円、妻の年収が50万円という場合、妻は夫の年収と併せて100万円までの借入れが可能となります。
ただしこの配偶者貸付を利用するにあたっては、配偶者の同意と、住民票など夫婦関係を証明する書類の提出が求められます。これがこの例外貸付けのネックになっているのですが、この書類の手続きの煩雑さから多くの貸金業者では専業主婦に対する貸付け自体を取扱わなくなってしまいました。つまり、法的には例外として認められていますがカードローン会社自体が専業主婦へお金を貸すことをやめてしまったのです。法律で例外としてまで認められたものなのに、利用しようとしてもそもそも商品を扱っているところがなくなってしまうというのは少し不思議な話ですよね。
ですが専業主婦がお金を借りることがまったくできなくなってしまったというわけではありません。総量規制の対象とならない銀行カードローンなどのローン商品であれば、自身で収入のない専業主婦の場合でも利用が可能となっています。
ただし銀行カードローンはそもそも審査が厳しい傾向にあるローン商品ですし、専業主婦の利用が可能と表明している銀行も少なくまたもし利用可能としていても限度額は30万円〜多くても50万円と小額に抑えられています。専業主婦でお金を借りたいという方は総量規制対象外のカードローンの中から数少ない利用可能なところを選んで申込む必要があるのです。

今のキャッシングはキャンペーンが多い

インターネットが普及し、私たちの生活には欠かせないものとなりました。
情報の発信源ともなっているインターネットは、消費者金融がキャンペーンを多く行うようになったきっかけでもあります。
大々的に広告を打ち出すには、それ相応の費用が掛かります。
ところがインターネットを使って情報を発信するとコストを最低限に抑えることができるため、消費者金融では多く活用するようになりました。
例えばアコムの30日間無利息キャンペーンです。
キャッシング利用者に好評だったために最近になって定番のサービスとなりました。
各消費者金融の公式ホームページではキャンペーン情報がよく載せられていますので、これからキャッシングをするという方はチェックをしておきましょう。